QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
ほりほり
ほりほり
堀田周郎(ほりたのりお)。
昭和33年・姫路市生まれ。血液型B型。仕事は市内で手作りハムの製造・販売を行っています。

趣味は、昔はスキーや油絵、映画鑑賞と色々あったのですが、最近は散歩ぐらいになってしまいました。
このてんこもりブログでは、そんな散歩の途中で見つけた、姫路の隠れた魅力を中心にご紹介していければ・・・と思っています。

妻鹿城址

2013年04月11日

黒田官兵衛ゆかりの地めぐり
第二回目は妻鹿城(めがじょう)です。


山陽電鉄妻鹿駅の北。甲山(こうやま)の山上に
妻鹿城(めがじょう)の城址が残っています。


甲山
・甲山


荒神社
・荒神社


妻鹿城址 石碑
・妻鹿城址 石碑




天正8年(1580)
三木城を陥落させた羽柴秀吉に対し、

 「姫路こそ中国の毛利攻めの根拠地にふさわしい」

と、自らの居城・姫路城を譲り渡した
官兵衛と父職隆はこの妻鹿城に移り住みました。



ちなみに妻鹿城は別名を
国府山城(こうざんじょう)、
功山城(こうやまじょう)
袴垂城(はかまたれじょう)とも呼ばれてますが


 山陽電鉄妻鹿駅にあった看板は「国府山城」

 荒神社内にある石碑は「妻鹿城」

 荒神社内にある案内看板は「功山城」


とばらばらの表記となっていました。


国府山城
・山陽電鉄妻鹿駅の看板


功山城
・荒神社内の案内看板



荒神社の階段を登った
社の手前右手に登山口はあります。

荒神社






道には枯れ葉が積もっていて滑りやすいので
注意が必要です。





15分ほど歩くと主郭に到着。

ここからは、姫路市内が一望できます。



・主郭(城の中核となる曲輪)



・播磨灘と姫路南部(浜手)。



・市川と姫路市中心部



・姫路城(左の四角い建物)と広峰山(右の山)



ここの風景を見ながら
官兵衛は何を考えていたのでしょうか?

 想像力が膨らみます。



案内看板にはこの奥にも何かありそうだったので
さらに進んでみました。


・姫路南ライオンズクラブさんが設置した案内板



・曲輪跡
 曲輪(くるわ)とは、城郭内にある一定区画を分かつ区域



・磐座
 磐座(いわくら)とは、古神道における、岩に対する信仰のこと。
 あるいは、信仰の対象となる岩そのもののこと



その先が、頂上のようだったので

 藪をかき分け進んだのですが・・・・




ここは行くべきではなかったみたいです。

もうちょっとで帰り道が分からなくなるところでした。(^^;;





第三回・広峰山に続く




▼オマケ

妻鹿城の帰りに前々から行ってみたかった
お好み焼きの「えのき」さんへ。



・いつも学生や近所の人で満員です。



・豚玉300円


妻鹿のソウルフードを味わうことができました。

  続きを読む


Posted by ほりほり at 09:02Comments(2)黒田官兵衛

御着城址

2013年04月09日

2014年大河ドラマでは
姫路出身の武将・黒田官兵衛を主人公にした
「軍師官兵衛」が放送されます。


そこで、官兵衛ゆかりの地を何回かに分けて
ご紹介したいと思います。


第一回目は御着城(ごちゃくじょう)址です。



御着城


御着城は西播磨の領主・小寺家のお城でした。

官兵衛は若い頃から
小寺家の家老としてその才能を発揮しました。



・お城風の建物は市役所東出張所・公民館。



・黒田官兵衛顕彰碑があります。



その一画には
祖父重隆と母いわを祀る廟所もあります。



・本丸跡の西側にあります。



・祖父重隆(左)と母明石(右)の五輪塔



・天川橋
姫路藩が文政11年(1828)に架橋した橋を今の場所に移設。
地形中央部の低いところは御着城の堀がありました。

(写真はありませんが)
市役所東出張所の東側のグランドは
二の丸跡だそうです。



小寺氏は官兵衛の進言もあり
当初は織田信長につきましたが

その後、毛利方に寝返ったため

羽柴秀吉の播磨侵攻により
御着城は天正7年(1579年)に落城しました。


国道2号線を南に渡ったところに
小寺一族を祀る小寺大明神があります。



・陸橋の旗が官兵衛ゆかりの地をアピールしています。



・小寺大明神。

  続きを読む


Posted by ほりほり at 06:36Comments(0)黒田官兵衛

和ダイニング鳴神(なるかみ)

2013年04月07日

谷かつさんが最近、中国から帰国している

・・・と食いしん坊仲間に聞いて
「和ダイニング鳴神」さんへ。


場所はみゆき通り・Docomoショップ前の
「鮨 久右衛門」の二階。

この日は、おいしい地酒と肴を楽しんだのですが
カメラを持っていなかったので
今回、再訪となりました。



まず最初に頼んだのはこれ!

ほたるいかの一夜干し


なんだか分かりますか?
実はこれは「ほたるいかの一夜干し」なんです。

見た目はちょっと変わっていますが
むっちゃお酒に良く合います。


 この後の料理に期待が膨らみます。



続いては本日のお薦め「サワラの唐揚げ 甘辛仕立て」

サワラの唐揚げ 甘辛仕立て


これも、やはり期待を裏切らない味。
お酒がどんどんすすみます。


その後色々と料理を頼んでみました。


手羽先のニンニク醤油焼き
・手羽先のニンニク醤油焼き


神戸牛の陶板焼き
・神戸牛の陶板焼き



・筍の天麩羅


牛テールのにんにく醤油焼き
・牛テールのにんにく醤油焼き


この他にも写真はありませんが
「原木椎茸のバター焼き」「ふぐ皮ポン酢」「牛肉の八幡巻き」
と注文し、どれも良かったですが


なかでも気に入ったのは「てんこちの天麩羅」


てんこちの天麩羅
・てんこちの天麩羅


瀬戸内のおいしい小魚が食べられる
私たち・姫路の人間は幸せですねぇ~。




カウンターの他、
小さな個室がいくつかあります。

ちょっとした大人の隠れ家に良いお店だと思います。



兵庫県姫路市駅前町272 2F
和ダイニング鳴神
079-287-3599
営業時間 17:00~23:00
定休日 日曜日
  続きを読む


Posted by ほりほり at 09:44Comments(3)食べ歩記

中国料理・桃李

2012年11月13日

ちょっとしたお祝い事があったので
家族6人でホテル日航姫路の
中国料理「桃李」さんへ。


桃色吐息ウィークは終了しましたが、
あとしばらく桃色吐息で作った
中華が食べられると聞いて
今回はそのメニューを中心に
注文させて頂きました。


まずは。
魅惑の黒酢酢豚 バルサミコの香り
(黒醋五花肉)



ナイフとフォークで食べる
見た目も印象深い大きな酢豚。

酢豚にはちょっとうるさい
我が家の子供達にも好評でした。(^^



続いては
大きな肉団子の長時間煮込み
上海蟹みそソース(蟹粉獅子頭)



ホテル日航姫路総支配人、イチ押しの一品。
上海蟹のソースが絶妙な味を出しています。



スペアリブの赤米煮込み
(無錫排骨)



トロトロに炊き込んであって
こってり味に見えますが、そこは桃色吐息。
胸焼けする事なくおいしく食べられました。



最後は、
細切りモモ肉と九種類の野菜の
あっさり炒め
(九王彩肉絲)



メニューの写真では今イチ
おいしそうに見えなかったので
(日航さん、ごめんなさい)
注文をちょっとためらいましたが

頼んで大正解。
上品な味付けでとても良かったです。

特に、家内はこの肉絲が一番の
お気に入りでした。



7月の法事でも「桃李」さんを
利用させて頂きましたが、
最近特に盛りつけや、味付けのセンスが
素晴らしいと感じています。

 ・法事に出席した叔父さん叔母さんからも
  お褒めの言葉を頂きました。


期間限定(11月30日まで?)のメニューですので
ご興味のある方はお早めに。(^^  続きを読む


Posted by ほりほり at 11:40Comments(4)食べ歩記

明珍宗理の手仕事展

2012年11月10日

平安時代から続く、明珍家第52代目・明珍宗理さんの
展示即売会がヤマトヤシキで開催されています。



・開催期間:11月6日(火)~12日(月)



・開催場所:7階「特選ギャラリー」



明珍さんの作品を一同に見る機会は
姫路市民でもあまりないと思います。




お馴染みの明珍火箸風鈴のほか、





茶室用の火箸、

 ・甲冑→茶室用火箸→火箸風鈴
  →そして現在(花器、燭台、お鈴、楽器 etc)
  伝統の技を守りつつ、時代とともに変化し続けて来ました。





古鉄(鋸など)で作った花器、
(お花はの奥様のアレンジです)





甲冑師の技で作った自在置物、

 ・歴代明珍が作った自在置物は
  大英博物館やヴィクトリア&アルバート博物館、
  東京国立博物館にも提示されています。





軽量金属のチタンで作ったお鈴など
を見ることができます。(購入もできます)



音色はそれぞれに違い、素晴らしく

明珍ワールドに引き込まれていきます。




刀工・明珍宗裕さん(宗理さん次男)の
刀の展示もあります。




ぜひ、姫路の誇り・明珍さんの作品の数々を
この機会にご覧ください。



■明珍火箸
http://www.e-himeji.com/myochin.htm  続きを読む


Posted by ほりほり at 19:03Comments(0)姫路出身

桃色吐息ウィーク 2012 開催のお知らせ

2012年10月24日

姫路グルメポーク・桃色吐息を
使った料理が市内各店で食べられる
「桃色吐息ウィーク 2012」が開催されます。





期間:平成24年10月30日(火)~11月5日(月)

場所:市内および近郊の参加店37店舗

食べ歩きマップの配布

 チラシは観光案内所、神姫バスターミナルをはじめ
 参加37店舗や陶器市会場で10,000部配布されますが
 以下のURLからもダウンロードする事ができます。

 桃色吐息ウィークA3チラシ表(PDFファイル 2.89MB)
 http://www.e-himeji.com/himejipork/PDF/week_omote(1).pdf

 桃色吐息ウィークA3チラシ裏(PDFファイル 2.2MB)
 http://www.e-himeji.com/himejipork/PDF/week_ura.pdf




期間中は、桃色吐息を使った
和食、洋食、中華、イタリアン、ご当地バーガーなど
バラエティー豊かな料理の食べ歩きがお楽しみ頂けます。



・うで肉を包丁でミンチ状にしたものの生ベーコン巻き



・串カツと桃色吐息の鍋&ポークステーキ


女性に嬉しい桃色吐息の味を
ぜひこの機会にお試し下さい。


姫路ブランド豚販売実行委員会
 http://www.e-himeji.com/himejipork/  


Posted by ほりほり at 18:15Comments(0)まちづくりグループ

天空の白鷺

2012年09月23日

現在、姫路城の内部は大改修のため
見ることができないのですが

素屋根の内部に設けた見学スペースから
大天守の大屋根および最上層を
間近に見ることができます。

天空の白鷺



見学には姫路城の入場料400円とは別に
200円(大人)が必要です。

今日は日曜でしたが予約なしで
待ち時間は15分でした。

ウェイティングゾーンでは姫路城の修理の歴史を
紹介するビデオが上映されていましたが
なかなか良くできていて、見ている間に
順番がすぐにやってきました。




エレベーターで一気に8階まで上がります。

 #普段はなかなか最上階まで上るのが難しい
  車いすの方も今は問題なく上がれます。


・姫路のまちが一望できます。




・最上階の大屋根がが間近に見られます。




・屋根の目地漆喰(しっくい)が美しいですね。




・こちらは7階の見学スペース。




・漆喰壁を間近に見学できます。




・なかなかの迫力です。



改修中の姫路城を見ることができるのは
平成26年の春頃までなので
この絶好の機会を見逃さないようにして下さいね。



天空の白鷺ホームページ
http://www.himejijo-syuri.jp/
  


Posted by ほりほり at 17:06Comments(0)姫路城

姫路モノレール大将軍駅(高尾アパート)

2012年09月16日

9月10日の毎日新聞に

 高尾ビル:旧姫路市モノレール軌道貫通 
 市、解体を協議 老朽化理由、跡地は未定

という記事が掲載されていました。


そこで、今のうちに・・・と
何枚か写真を撮っておくことにしました。

姫路モノレール大将軍駅



かってはアパートの中に、
姫路モノレールの駅(中間駅と私達は呼んでいました)
がありました。

カーブした軌道がビルの中を
貫いている、全国的に見てもユニークな建物です。





将軍橋の撤去作業も進み
周りの風景もずいぶんと変わってきました。





これは建設中の大将軍駅(高尾アパート)・写真


・播州ハム所蔵



当時の大将軍駅(高尾アパート)・写真

ビジネスホテル・レストラン大将軍
の看板が懐かしいですね。


・兵庫県立博物館所蔵「高橋秀吉コレクション」より



在りし日の姫路モノレール。


・兵庫県立博物館所蔵「高橋秀吉コレクション」より



大将軍駅(高尾アパート)屋上から
撮影された姫路モノレール。

左下は当時の我が家です。


・兵庫県立博物館所蔵「高橋秀吉コレクション」より


高尾アパートには
まだ住んでおられる方も大勢おられるので、
すぐに解体・撤去ということはないと思いますが

なんか、もったいないですね。

   


Posted by ほりほり at 09:58Comments(0)残したい建築物

播磨スローフード協会

2012年09月07日

9月5日。播磨スローフード協会主催の
「スローフードな縁日」に行ってきました。


・「スローフードな縁日」も今年で6回目の開催となりました。



・会場は姫路城のすぐ南にある護国神社境内



スローフード運動とは
イタリア発祥の活動で

・消えつつある郷土の料理法や、質の高い食品を守る。
・質の高い素材を提供してくれる小規模生産者を守る。
・子供たちを含めた消費者全体に、真の味覚の教育を進める事。

をめざして、色々な活動をされています。


このスローフードな縁日は
今年で6回目ですが、毎年人出が増えています。


なんといっても会場が、
護国神社というシチュエーションがいいですね。

周りは木々に囲まれているので
いかにも「縁日」といった雰囲気があります。



姫路名物のひねポンがあったり

姫路ピロシキ(日航ホテルが販売)があったり


・日航ホテルのブースではエライさんが総出でイベントを盛り上げておられました。



日本料理の名店・百屋さんの出店があったり


・ご主人自ら魚を焼いておられました。美味しかったです。



イタリアンの名店・カルボナイオさんが
桃色吐息のローストポークを販売していたり・・・


・桃色吐息のローストは柔らかくてとても美味でした。



とてもいい感じで、
おいしいもの満載のイベントでした。


・夜が更けても人出は減ることはありませんでした。


来年の開催が待ち遠しいですね。





播磨スローフード協会
兵庫県姫路市土山東の町13-11
エルデベルグ平井 内
http://www.slowfood-harima.com/
  


Posted by ほりほり at 19:29Comments(0)まちづくりグループ

本格タイ料理 サイアム2

2012年08月23日

急に家族で外食をする事になったので
前から気になっていた
自宅近くにできたタイ料理屋さんへ。
(2012年5月オープン。自宅から徒歩3分)



タイ料理といえばまずはトムヤンクン。
深い味わいがとてもおいしい・・・(^^

トムヤンクン



タイ風焼き鳥





魚の揚げ物





エビカレーは海老の濃厚な味が良くでています。
海老好きの長男も大満足。





この日一番のヒット料理・空芯菜炒め。お薦めです。

空芯菜炒め



ナンプラー(魚醤)で仕上げたタイ風ヤキメシ。 
パクチーの香りが食欲をそそります。





タイ風うどん焼きの「うどん」が
なかったので、そば焼き?を注文。

手前の香辛料みたいなものはなんだろう?
とても料理に合っていました。(^^





日本人好みに合わせているのか
全体的にマイルドな味付けでしたが
(私はもっと辛くてもOKです)
味に深みがあり、おいしかったです。

特に、海老の出汁を上手に
使っておられたのが印象的でした。

タイ人のお客さんも
複数組来店されていました。
「本格タイ料理」という看板ももなっとくです。



ご近所なので何度か訪問して
全メニュー制覇したいと思います。




サイアム2
姫路市忍町207 シャトー三和3号館 1F
079-222-5666
定休日:月曜
営業時間:11:00~14:00 18:00~23:00

  続きを読む


Posted by ほりほり at 19:00Comments(0)食べ歩記