QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
ほりほり
ほりほり
堀田周郎(ほりたのりお)。
昭和33年・姫路市生まれ。血液型B型。仕事は市内で手作りハムの製造・販売を行っています。

趣味は、昔はスキーや油絵、映画鑑賞と色々あったのですが、最近は散歩ぐらいになってしまいました。
このてんこもりブログでは、そんな散歩の途中で見つけた、姫路の隠れた魅力を中心にご紹介していければ・・・と思っています。

御着城址

2013年04月09日

2014年大河ドラマでは
姫路出身の武将・黒田官兵衛を主人公にした
「軍師官兵衛」が放送されます。


そこで、官兵衛ゆかりの地を何回かに分けて
ご紹介したいと思います。


第一回目は御着城(ごちゃくじょう)址です。



御着城


御着城は西播磨の領主・小寺家のお城でした。

官兵衛は若い頃から
小寺家の家老としてその才能を発揮しました。



・お城風の建物は市役所東出張所・公民館。



・黒田官兵衛顕彰碑があります。



その一画には
祖父重隆と母いわを祀る廟所もあります。



・本丸跡の西側にあります。



・祖父重隆(左)と母明石(右)の五輪塔



・天川橋
姫路藩が文政11年(1828)に架橋した橋を今の場所に移設。
地形中央部の低いところは御着城の堀がありました。

(写真はありませんが)
市役所東出張所の東側のグランドは
二の丸跡だそうです。



小寺氏は官兵衛の進言もあり
当初は織田信長につきましたが

その後、毛利方に寝返ったため

羽柴秀吉の播磨侵攻により
御着城は天正7年(1579年)に落城しました。


国道2号線を南に渡ったところに
小寺一族を祀る小寺大明神があります。



・陸橋の旗が官兵衛ゆかりの地をアピールしています。



・小寺大明神。




同じカテゴリー(黒田官兵衛)の記事画像
英賀城址と司馬遼太郎
広峰神社と御師屋敷跡
妻鹿城址
同じカテゴリー(黒田官兵衛)の記事
 英賀城址と司馬遼太郎 (2013-04-23 08:12)
 広峰神社と御師屋敷跡 (2013-04-14 09:53)
 妻鹿城址 (2013-04-11 09:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。